【パワースポット】伏見稲荷大社を徹底解説!

「お稲荷さん」として親しまれる伏見稲荷大社は、全国に30,000社ある稲荷神社の総本宮となります。全国各地で老若男女を問わず親しまれており、三大稲荷の一つです。

その歴史は、奈良時代の和銅4年(711)の創建と伝わります。

「衣食住ノ太祖ニシテ萬民豊楽ノ神霊ナリ」と崇められ、五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神として、一年を通してたくさんの参拝者が訪れています。

伏見稲荷大社の千本鳥居

伏見稲荷大社でとくに有名なのが、千本鳥居です。「朱(あけ)」の稲荷塗の鳥居がズラリと連なる光景は、とても美しいものです。

「あけ」には明るい希望の気持ちと、稲荷大神の”みたま”の働きである生命・大地・生産の力が強烈に宿るといわれています。

鳥居とは、「通り入る」の意味があり、神の聖地・聖域を表しています。つまり私たちがいる現世から神様がいる世界への関門となっており、鳥居をくぐっていくことで神様の聖域へと入っていきます。

千本鳥居は、江戸時代以降に願い事が「通るように」または「通った」というお礼をこめて、鳥居を奉納することが広まって生まれたものになります。

稲荷大神様=きつねではないんですよ!

よく「お稲荷さん」というと「きつね」を連想する人が多いです。

しかしがら、稲荷大神様=きつねではないんです!!

きつねは、稲荷大神様の眷属となります。

稲荷神社のきつねは、「白狐(びゃっこ」と言われています。「白狐」は白い毛色を持ち、人々に幸福をもたらすとされる、善狐の代表格です。

熊鷹社のほとりにあるパワースポット、谺ヶ池(新池)

最強パワースポットとして参拝者、観光客がめざす場所が、稲荷山の中腹に穿たれた谺ヶ池のほとりにある熊鷹社です。熊鷹社には古くから伝わる話があります。

「行方不明になった人を探すときにこの池のほとりで手をたたき、こだまがかえってきた方角に手がかりがある」

この言い伝えにより、熊鷹社の背後に広がる池の名前は、谺ヶ池とも呼ばれています。

熊鷹社の参拝の仕方

  1. 熊鷹社にロウソクをお供えする
  2. 熊鷹社でお願いごとをする
  3. 谺ヶ池(新池)のほとりで2回手をたたく
  4. こだまがかえってくる方角と距離を確認する

こだまがかえってくる方角と距離が占い結果になります。

方角:幸せを示す方向

距離:早くかえってくるほど願いがすぐに叶う

熊鷹社(谺ヶ池)

「熊鷹社」でロウソクなど供え、願い事、頼み事などのお祈りを済ませ、難切り不動尊の横、池の畔で柏手を二回打つと幸運を示す方角よりコダマ(谺)が返って来ると言う。

また、コダマが近くより返って来たように思うと願い事は早く叶い、遠くから返って来たように思うと願い事の成就は遅くなるという古くからの言い伝えがあります。

稲荷山には、随所に玉姫大神が祀られて居りますが、良縁の神様として知られ、若い人達には勿論の事、また商売の相手先の良いご縁をいただく意味から投資家、証券会社など信仰者も多い。

稲荷山の最高峰パワースポット

一の峰(上社神蹟)は、「末広社」とよばれ、大宮能売大神が祀られています。伏見稲荷大社の主祭神であるウカノミタマノカミを最初に祀った巫女と伝わっており、芸能や商売繁盛、家内安全の神様として愛されています。

神蹟とは、太古に神が宿っていた場所のことです。末広大神を祀る稲荷山の最高峰は、縄文の昔より日本の神々が宿っています。苔むした塚が数多く並び、ゾクッとする気配と神々しいエネルギーが融合し、強力なパワースポットとなっています。

かぐや姫伝承地 十種神寶を祀る伏見神寶神社

神寶神社の由来は、ニギヤハヒノミコトが祖神より授けられた宝である十種の神寶を奉安しているからといわれています。神社の由緒によれば、この十種神宝の鏡は大極と小極、剣は破邪顕正の勇気をあらわし、邪気を払い英知導く、玉は四魂をととのえ、比礼は天地と宇宙並びに人体を浄めて神人一致への作用を結ぶ働きを示しています。祝詞をあげながら神寶を振るうことで死者をもよみがえらせる力があるとか。

神寶神社は、「竹取物語」のゆかりの地であり、千代紙の人形に願いを書いて「叶雛(かなびな)」を奉ずるため、女性が一人で訪れてお参りしている姿がみられます。かぐや姫の持つ、月のパワーにあやかった強力な「愛されパワースポット」ともいえます。

まとめ

伏見稲荷大社は、観光地としても有名になり立地上、気軽に立ち寄れる場所です。 中には、気軽に立ち寄れるため、ハイヒールで訪れる女性も多くなっています。

そのような服装だとせっかくのパワースポットである奥山、稲荷山登拝をあきらめないといけなくなる場合もあります。せっかくですから、歩きやすい靴と服装で訪れ、神気で満ち溢れた稲荷大社を隅々まで満喫し、満ち溢れたパワーを吸収して帰るようにしましょう!!