アニメ「ノラガミ」の無料動画を視聴しよう!

2021年8月11日

アニメ「ノラガミ」全話を無料視聴するならココ!

アニメ「ノラガミ」の動画は、U-NEXTの【31日間無料サービス】を利用することで全話無料視聴できます。

アニメ「ノラガミ」について

  • アニメ「ノラガミ」の動画を無料で全話視聴したい
  • アニメ「ノラガミ」を見れる動画配信サイトをさがしている
  • 海賊版などではなく、公式に動画を楽しみたい

そのように考えているあなたへ

U-NEXTが「ノラガミ」の動画視聴におすすめな理由!

  • 31日間の無料視聴サービス
  • 「ノラガミ」が全話視聴できる
  • コミックも見ることができる
  • その他の作品も豊富
無料期間 31日間
月額料金 2,189円(税込み)
初回特典ポイント 600ポイント
継続時の特典ポイント 毎月1,200ポイント

「ノラガミ」の動画を全話無料で視聴してみたい方は、U-NEXTのご利用をご検討してみてください。

アニメ「ノラガミ」をU-NEXTで無料視聴する!

アニメ「ノラガミ」動画配信サイト
動画配信サイト 配信状況
U-NEXT
dアニメストア
Hulu ×
dTV ×

(○:見放題配信 △:レンタル配信 ×:配信なし)

※掲載内容は2021年8月時点の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトでご確認下さい。

ノラガミ 作品紹介

あらすじ

黒いジャージにスカーフ姿の“夜ト(やと)” は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナーな神様。自分の社を築くべく、自分の携帯番号を街なかやトイレの壁に書き込み、賽銭<5円>で人助けをする、自称“デリバリーゴッド”である。良家の令嬢・壱岐ひよりは、交通事故に遭いそうになった夜トを助けようとして、代わりに自分が交通事故に巻き込まれてしまう。それがきっかけで“半妖(はんよう=魂が抜けやすい体質)”となったひよりは、その体質を治してもらうために夜トを追いかけ、次第に行動を共にするようになる。さらに、夜トに拾われ、神様が使う道具“神器(しんき)”となった少年“雪音(ゆきね)”も仲間に加わり、人間に害を与える“妖(あやかし)”と戦いを繰り広げる一方で、夜トの秘められた過去がひもとかれていく。

キャスト/スタッフ

[キャスト]
夜ト:神谷浩史/壱岐ひより:内田真礼/雪音:梶 裕貴/小福:豊崎愛生/大黒:小野大輔/毘沙門:沢城みゆき/兆麻:福山 潤/天神:大川 透/伴音・真喩:今井麻美/野良:釘宮理恵 ほか

[スタッフ]
原作:あだちとか(「月刊少年マガジン」連載中/講談社)/監督:タムラコータロー/シリーズ構成:赤尾でこ/キャラクターデザイン:川元利浩/総作画監督:川元利浩・山﨑秀樹/妖・神器デザイン:佐藤雅弘/美術監督:永井一男/色彩設計:梅崎ひろこ/撮影監督:古本真由子/編集:坂本久美子/音響演出:山田 稔/音楽:岩崎 琢/音楽制作:エイベックス・エンタテインメント/アニメーション制作:ボンズ/製作:ノラガミ製作委員会

[製作年]
2014年

エピソード

[第一話 家猫と野良神と尻尾]

賽銭五円で人々の依頼を請け負う宿無しの神様・夜ト。相棒の伴音にまで「生理的にイヤ!」と言われ、神器までいなくなる始末。そんな中、夜トはトラックに轢かれそうになり、壱岐ひよりという少女に助けられる。

[第二話 雪のような]

生きながらの妖である“半妖”となったひよりは、夜トに直してもらおうと掛け合う。しかし、「神器が見つかるまでは無理」と相手にされない。そこで、自分で神器探しを始めたひよりは、誤って妖を連れて来てしまう。

[第三話 招かれた厄災]

夜トの神器となった雪音だが、待遇の悪さに不満が募る。そんな中、依頼で向かった先は学問の神・天神様の社だった。格の違いに平身低頭するひよりと雪音だが、受験シーズンで忙しいので手伝ってほしいと言われ…。

[第四話 しあわせの在処(ありか)]

ひよりは夜トに小福という女の子の家に連れて来られる。実は“恵比寿小福”という神で、強面の“大黒”という神器もいた。そんな時、夜トに依頼が入るが、瞬間移動したビルの屋上から弾みで依頼人を突き落とし…。

[第五話 境界線]

雪音が神器としての能力を発揮し始めた。ひよりは夜トを保護者失格と言い、雪音を自分で預かることに。久しぶりの人間らしい生活に、雪音は生きている人間との違いを痛感する。そして、ひよりと買い物に出掛け…。

[第六話 コワイヒト]

魔が差してしまった雪音は、スケートボードを盗んでしまう。夜トに問い詰められた雪音は「ひよりに買ってもらった」と嘘をついてしまう。そんな中、現れたのは最強の武神“毘沙門”。夜トの命を狙っていて…。

[第七話 迷い事、定め事]

夜トと毘沙門の戦いは、風穴によっていったん先送りとなった。雪音はひよりの家を出て、天神を頼るが断られてしまう。行く当てのない雪音はどんどん魔が差していき、主である夜トの体は蝕まれ始めていた。

[第八話 一線を越えて]

夜トと雪音への新しい依頼が入った。依頼人は、ひよりの中学校の生徒で同級生からのいじめに苦しむ萩原学。泣き言ばかりで何もしない学、生きていれば毎日通っていたであろう学校に対して雪音は何を思うのか!?

[第九話 名前]

雪音が悪事を積み重ねたことが原因で、夜トの体はヤスミに蝕まれてしまい危険な状態に陥っていた。夜トを救うには、雪音を“禊”に掛けて、罪を悔い改めさせなければならない。そのためには3人の神器が必要で…。

[第十話 忌むべき者]

新しい年を迎えたひよりは、初詣に出掛けることに。ところがそこで、不特定多数の神に仕える神器・野良と遭遇してしまう。不敵な笑みを浮かべる野良は、お面を付けた妖を使って突然ひよりを襲って来て…。

[第十一話 棄てられた神]

夜トはひよりに起こった異変にショックを受ける。そして、ひよりが元に戻る方法を探して奔走していた。そんな中、夜トがかつて行動を共にしていた禍津神(まがつかみ)の“ら蚌(らぼう)”が突如現れ…。

[第十二話 一片(ひとひら)の記憶]

夜トは「かけがえのない大切な仲間を取り戻すため…」。ら蚌(らぼう)は「かつて見た禍津神・夜トともう一度戦うため…」。それぞれが強い思いを抱え、再び夜トと?蚌の2人は壮絶な戦いを繰り広げる。