アニメ「魔弾の王と戦姫」の無料動画を視聴しよう!

2021年8月11日

アニメ「魔弾の王と戦姫」全話を無料視聴するならココ!

アニメ「魔弾の王と戦姫」の動画は、U-NEXTの【31日間無料サービス】を利用することで全話無料視聴できます。

アニメ「魔弾の王と戦姫」について

  • アニメ「魔弾の王と戦姫」の動画を無料で全話視聴したい
  • アニメ「魔弾の王と戦姫」を見れる動画配信サイトをさがしている
  • 海賊版などではなく、公式に動画を楽しみたい

そのように考えているあなたへ

U-NEXTが「魔弾の王と戦姫」の動画視聴におすすめな理由!

  • 31日間の無料視聴サービス
  • 「魔弾の王と戦姫」が全話視聴できる
  • コミックも見ることができる
  • その他の作品も豊富
無料期間 31日間
月額料金 2,189円(税込み)
初回特典ポイント 600ポイント
継続時の特典ポイント 毎月1,200ポイント

「魔弾の王と戦姫」の動画を全話無料で視聴してみたい方は、U-NEXTのご利用をご検討してみてください。

アニメ「魔弾の王と戦姫」をU-NEXTで無料視聴する!

アニメ「魔弾の王と戦姫」動画配信サイト
動画配信サイト 配信状況
U-NEXT
dアニメストア
Hulu
dTV ×

(○:見放題配信 △:レンタル配信 ×:配信なし)

※掲載内容は2021年8月時点の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトでご確認下さい。

魔弾の王と戦姫 作品紹介

あらすじ

戦場を人の力が支配し、剣と馬が戦いの中心だった時代――。ブリューヌ王国とジスタート王国の国境で起こった些末な諍いは、やがて大国の思惑をはらみながら、二十数年振りの開戦に至った。ブリューヌ王国の兵は、およそ2万5千。総大将レグナス王子の初陣を華々しく飾るため、王は直属の騎士団以外にも出兵を命じ、辺境の小貴族すらも戦列に加わることになる。アルサスの若き領主ティグルヴルムド=ヴォルンも、王の招へいに従い、わずかな手勢とともに馳せ参じた1人であった。かたやジスタート王国は、5千の兵でこれを迎え撃つ。中心となるのは、ブリューヌ王国と隣接するライトメリッツ公国の兵たちである。勝敗の結果は、この時点ですでに明白かと思えた。だがブリューヌ王国は致命的な過ちを犯す。ジスタートの兵たちを率いるのは、伝説の竜具を与えられし戦姫の1人、エレオノーラ=ヴィルターリアであった。一騎当千の恐るべき力を、ブリューヌ王国の兵たちは身をもって味わうことになる。絶望が支配する戦場の中で、ティグルは残されたわずかな矢を弓につがえ、標的を定めた。その視線の先にあるのは、美貌と勇壮の象徴――戦姫である。ブリューヌ王国辺境の若き領主、ティグルヴルムド=ヴォルン。ジスタート王国の戦姫、エレオノーラ=ヴィルターリア。両者の邂逅が、のちに語り継がれる英雄譚の序章になるとは、まだだれも知る由もなかった。

キャスト/スタッフ

[キャスト]
ティグルヴルムド=ヴォルン:石川界人/エレオノーラ=ヴィルターリア:戸松 遥/ティッタ:上坂すみれ/リムアリーシャ:井口裕香/リュドミラ=ルリエ:伊瀬茉莉也/ソフィーヤ=オベルタス:茅野愛衣/アレクサンドラ=アルシャーヴィン:小松未可子/エリザヴェータ=フォミナ:小林ゆう/ヴァレンティナ=グリンカ=エステス:原田ひとみ/ルーリック:興津和幸/マスハス=ローダント:飯島 肇/バートラン:菅生隆之/ザイアン=テナルディエ:木村良平/フェリックス=アーロン=テナルディエ:松本 大/ロラン:東地宏樹/ナレーション:小杉十郎太

[スタッフ]
原作:川口士 (MF文庫J『魔弾の王と戦姫』/KADOKAWA メディアファクトリー刊)/キャラクター原案:よし☆ヲ,柳井伸彦,片桐雛太/監督・シリーズ構成・脚本:佐藤竜雄/キャラクターデザイン・総作画監督:椛島洋介/サブキャラクターデザイン:いとうまりこ/プロップデザイン:大橋幸子,秋篠 Denforword 日和/デザインワークス:大河広行,石川寛貢/CGプロデューサー:橋本トミサブロウ/CGディレクター:畑山勇太/美術設定:ニエム・ヴィンセント/美術監督:甲斐政俊/美術:スタジオKAIMU/色彩設計:篠原愛子/撮影監督:岩崎敦/撮影:T2 Studio/編集:定松剛/音楽:横山克,信澤宣明/音楽制作:KADOKAWA(メディアファクトリー)/音響監督:本山哲/アニメーション制作:サテライト/製作:魔弾の王と戦姫製作委員会

[製作年]
2014年

エピソード

[第一話 戦場の風姫]

ブリューヌ王国の若き伯爵・ティグルは、王の招きに従ってジスタート王国との戦いに駆り出された。ブリューヌ優勢と伝えられた戦況はやがて一変し、ティグルたちはあっという間に蹂躙されてしまう。

[第二話 帰還]

エレンの捕虜となってしまったティグルは、決死の覚悟で潜入してきた老臣のバートランと再会。ブリューヌの有力貴族・テナルディエ公爵の軍が、故郷のアルサスに侵攻を開始したという事実を知った。

[第三話 甦る魔弾]

テナルディエの息子・ザイアンは予期せぬティグルたちの反撃を受け、モルザイム平原へと敗走。安堵するティグルらに、エレンはさらなる追撃を進言する。モルザイム平原はブリューヌ軍の騎士が得意とする戦場だった。

[第四話 凍漣の雪姫(ミーチェリア)]

アルサスの地にひと時の平穏が訪れた。エレンは、ジスタート国王のヴィクトールに申し開きをするため王都へと赴く。王の許可なくブリューヌ領内へ侵攻したことをエレンはとがめられ、事情を説明しても無駄だった。

[第五話 タトラ山攻略戦]

代々テナルディエ家と深いつながりがあるオルミュッツ公国は、エレンをけん制すべくライトメリッツ公国との国境へ兵を送り込む。一方、ティグルは和平を望んで使者を送るが、ミラはその提案を拒んだ。

[第六話 黒騎士]

エレンとミラの竜技を駆使した戦いを、ティグルたちはじっと見守るしかない。そこへ、兵の中に紛れていた暗殺者・セラシュが飛び出した。セラシュはミラの命をも狙おうとするが、ティグルの放った弓が阻止する。

[第七話 守るために]

ティグルは黒騎士・ロランからエレンを守るため重傷を負ってしまう。銀の流星軍は撤退を余儀なくされ、エレンは仕方なく、「人間に竜技を使う」という戦姫にとっての暗黙の掟を破ろうとしていた。

[第八話 二千対二万]

親友を救うため、エレンたちは銀の流星軍から一時的に離脱した。ティグルは残った兵たちを率い、ムオジネル軍の侵攻を阻止するために出立。ムオジネル軍の軍勢は、ティグル率いる軍勢の約10倍と戦力差は歴然だった。

[第九話 雷渦と煌炎]

ティグルと別れてレグニーツァへと赴いたエレンは、病床の親友・サーシャとの再会を果たした。サーシャの口から語られたのは、同じ戦姫である「雷渦の閃姫」ことエリザヴェータによるレグニーツァへの侵攻だった。

[第十話 オルメア会戦]

銀の流星軍、オルミュッツ連合軍と、ムネオジル軍との戦いがオルメア平原で幕を開けた。ティグルたちは策を講じて善戦するも、「赤髭」ことクレイシュの戦略と兵力の前に劣勢に追い込まれていく。

[第十一話 戦姫二人]

ムオジネル軍との戦いに勝った銀の流星軍は、ペルシュ騎士団のエミールの好意でペルシュ城砦に滞在していた。エレンも合流し、ティグルたちは束の間の休息を得た。だが、レギンのある告白によって事態は一変する。

[第十二話 聖窟宮(サングロエル)]

ティグルたちは、当初の予定どおり「シャルルの聖窟宮」へと向かう。聖窟宮は、かつて建国王シャルルが王となる天啓を受けた地だ。ところが、その宮内ではすでにテナルディエが待ち構えていた。

[第十三話 広がる世界]

失意のどん底にいるティグルに、エレンは戦いを放棄することもひとつの策だと話す。「それでも戦士の誇りは持ち続ける」と言うエレンに、ティグルは自分にも意地があることを思い出し、心を奮い立たせた。