アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」の無料動画を視聴しよう!

2021年8月11日

アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」全話を無料視聴するならココ!

アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」の動画は、U-NEXTの【31日間無料サービス】を利用することで全話無料視聴できます。

アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」について

  • アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」の動画を無料で全話視聴したい
  • アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」を見れる動画配信サイトをさがしている
  • 海賊版などではなく、公式に動画を楽しみたい

そのように考えているあなたへ

U-NEXTが「いなり、こんこん、恋いろは。」の動画視聴におすすめな理由!

  • 31日間の無料視聴サービス
  • 「いなり、こんこん、恋いろは。」が全話視聴できる
  • コミックも見ることができる
  • その他の作品も豊富
無料期間 31日間
月額料金 2,189円(税込み)
初回特典ポイント 600ポイント
継続時の特典ポイント 毎月1,200ポイント

「いなり、こんこん、恋いろは。」の動画を全話無料で視聴してみたい方は、U-NEXTのご利用をご検討してみてください。

アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」をU-NEXTで無料視聴する!

アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」動画配信サイト
動画配信サイト 配信状況
U-NEXT
dアニメストア
Hulu ×
dTV ×

(○:見放題配信 △:レンタル配信 ×:配信なし)

※掲載内容は2021年8月時点の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトでご確認下さい。

いなり、こんこん、恋いろは。 作品紹介

あらすじ

京都伏見に暮らす女子中学生・伏見いなりは、クラスメイトの丹波橋くんに片思いをする少し内気な女の子。ある日、助けた子狐の恩返しとして「おいなりさん」こと宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)から手違いで変身能力を授かってしまい・・・!?変身能力を手に入れたいなりが、京都を舞台に繰り広げる波乱万丈恋模様!恋に友情に悩みながらも成長していく少女のまっすぐな姿に胸打たれる、青春の全てがつまった作品です。

キャスト/スタッフ

[キャスト]
伏見いなり:大空直美/宇迦之御魂之神:桑島法子/丹波橋紅司:岡本寛志/コン:原紗友里/三条京子:池辺久美子/丸太町ちか:佐土原かおり/墨染朱美:野水伊織/伏見燈日:上田 燿司/シシ:日野聡/ロロ:花江夏樹/大年神:子安武人/天照大御神:磯辺万沙子

[スタッフ]
原作 :よしだもろへ(ヤングエース連載 角川コミックス・エース刊)/監督 :高橋 亨/助監督:岡本英樹/シリーズ構成:待田堂子/キャラクターデザイン・総作画監督:高品有桂/メインアニメーター:沈宏/プロップ デザイン:奥田万つ里/色彩設計:大内 綾/美術監督:大西 穣/美術設定:坂本 竜/撮影監督:津田涼介/編集:西山 茂/音響監督:たなかかずや/音響効果:出雲範子/音響制作:ダックスプロダクション/音楽:妹尾 武/音楽制作:フライングドッグ/OP主題歌:『今日に恋色』歌 May’n/ED主題歌:『SAVED.』歌 坂本真綾/アニメーション制作:プロダクションアイムズ/製作:いなり、こんこん、恋いろは。製作委員会

[製作年]
2014年

エピソード

[第一話 いなり、初恋、初変化(へんげ)。]

京都伏見の女子中学生・伏見いなりは、片思いしている男の子に気持ちを伝えられない。ある日彼女は、片思い相手の丹波橋紅司が、クラスメートの墨染朱美に手紙を渡しているところを目撃してしまい…。

[第二話 試練、ひめごと、天照。]

いなりは丹波橋のお見舞いに行くが、恥ずかしくて、インターフォンを押すことができない。一方、宇迦之御魂神は今日も乙女ゲームに勤しんでいた。彼女は神の身でありながら、乙女ゲーを愛するオタクであった。

[第三話 兄じゃ、五月蠅い(うるさ)い、過剰愛]

いなりの兄・燈日には、うかの姿が見えていた。燈日は驚くいなりを、うかから無理矢理引き離してしまう。翌日いなりは、突然現れた謎のイケメン生徒から一方的に絡まれる。彼はいなりの変身能力を知っていて…。

[第四話 緋色、宵宮、恋模様。]

夏のある日、丹波橋が毎年家族で宵宮祭に来ていることを知ったいなりは、オシャレをして、祭りの開催場所・伊奈里神社へと向かう。途中、駅で墨染と合流し、神社へと向かうが、2人の背後を不審な影が追っていた。

[第五話 海月(くらげ)、友達、夏あらし。]

夏休み。いなりは、両親と友達の三条京子、丸太町ちか、墨染朱美と共に、海水浴に行く。だが、丸太町ちかの表情は沈んでいた。一方、いなりが出掛けてしまい寂しいうかは、1人神社で暇を持て余す。

[第六話 燈日、うか様、恋すてふ]

墨染の言葉をきっかけに、いなりの神通力が暴走。何とか抑えるが、その決め手が何かは分からずじまいだった。いなりの神通力の暴走と時を同じくして、伊奈里神社ではうかが謎の体調不良に陥っていた。

[第七話 おとめ、ときめく、あかね色。]

夏休みが終わり2学期を迎えた。文化祭で披露する演劇で、王子を丹波橋が、その相手役である姫をいなりが演じることに決まり、いなりは浮かれていた。いなりは気合を入れて劇の練習に取り組むが…。

[第八話 出雲、お見合い、大騒ぎ。]

うかを追い、出雲へと向かういなりと燈日。たどり着いた出雲で、いなりと燈日はうかと再会。だが、うかの母・神大市比売は、何が何でもうかをお見合いさせると息巻き、うかを解放する気はまったくなかった。

[第九話 きつね、黄昏、天の川]

11月。出雲から帰らないうかを心配する、いなりと燈日。特に燈日は、出雲でのうかとの会話を思い出し、歯がゆい気持ちでいた。その頃、いなりの中学校では、うかの社がある伊奈里山の清掃活動を行うことが決まる。

[第十話 いなり、こんこん、恋いろは。]

神通力を暴走させたいなりをうかが救う。我に返ったいなりを待っていたのは、うかの危機を彼女に知らせるために、高天原から駆け付けたミヤちゃんだった。いなりは祈るような気持ちで高天原を目指す。